Home > パソコンとデジ物 | 自作・DIY > PenD930とWD2500JSを試す

PenD930とWD2500JSを試す

本当の比較、という意味でPentiumD930(プレスラ)を試してみる。
930ってちょっと中途半端なように見えて3GHzというぴったしクロック。
まさになんというか、日本人向けよね(そうか?

というわけでスペックうp。(2ch自作板より拝借)
【  CPU  ..】In℡ PentiumD 930@3GHz B1ステップ (プレスラ)
【 クーラー. 】Scythe ニンジャ( ゚д゚ ) / 鎌フロ12cm
【  メモリ. 】Nanyaチップ ノーブラDDR2 677MHz 512MB*2
【  M/B  】In℡ DP965LTCK
【  VGA  】Gigabyte GV-NX66256DP2 (ファンレス6600GT)
【  Sound 】In℡HiDefi略(オンボ)
【 HDD  1 】WesternDigital CaviarSE16 3200KS
【 HDD  2 】WesternDigital CaviarSE 2500JS
【 HDD  3 】HGST 7K250の250GB ATAモデル*2
【光学ドライブ】ライトン 165Pなんとか・昆布ドラ
【  FDD  .】Owlの適当なやつ
【 ケース  】Antec SOLO
【  電源  】Scytheのケース付属500W
Pen4からPenDに、CPUだけ取っ替えました。
メモリは何故か677MHzで動いてる様子。
ラベルにDDR2-533MHzと書いてあるんだけどなぁ。

Pentiumシリーズは種類がたくさんあってワケワカメなんだけど、
とりあえずこの930というモデルには以下の特徴が有るぽ。
・VT…仮想化機能。スレッドを分けてとかなんとか。
・XD…Intel版NXbitの事。不正プログラムの動作をさせないらしい。
・EIST…Intel版CnQみたいなやつ。130W→95WまでTDPを抑える。
・EM64T…Intel版AMD64。要は64bit拡張機能。
くらいなもんですかね。あとはDなのでDualCoreCPUッス。
同じシリーズに920・930・940・950とクロック違いの兄弟有り。
で、自分の930はB1ステッピングという出始めの930なので、
EISTが効かないので130Wを思いっきり出しやがる仕様です。
ま、夏場はまだまだ先だし、夏までにゃC2D行くだろってことで許容。

さて、まぁ、いざベンチということで。
画像もはや定番のπ焼き。
結果はご覧の通り。ま、シングルスレッドですしこんなもん。

お次、CrystalBench。
画像んまぁ…良いんじゃ…良くねえな。
参考までに。前回Pen4ではかったTotalScoreは77657でした。
もいっちょ参考。Op165@2.4GのTotalScoreは111135でした。

別にアム厨でもなんでもないけど、これはひどいwww
なんかIntelのやっちゃった的CPUですな。
夏までにC2D…E6300でいいから買い換えよう。

で、オマケのWesternDigital WD2500JSでつ。
尻アタ2の7200rpm、250GBでお値段は8000円台(2006/11/30現在)。
という感じでHD Tuneかけてみました。ホストはICH8でつ。
画像まぁまぁ、このクラスではこんなもんでないかと。
コスパも良いので2台目にはいいかもしんまい。
システムにするには250GBはちょっとデカいやね。
システムドライブは40GBでも十分なおいです。
—–

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > パソコンとデジ物 | 自作・DIY > PenD930とWD2500JSを試す

アーカイブ
Freearea

Return to page top