Home > パソコンとデジ物 > ウイルス対策しようぜ

ウイルス対策しようぜ

最強のアンチウイルスソフトって?
と、のっけから挑戦的な事を書いたりしてますが、
中身は単なるチラシの裏ですんで、あらかじめお断りを。

今までメイン機(自作機)とモバ機(レッツT2C)ではNOD32を使ってた訳ですが、
なんかちょっと検出性能というか、いろいろ不安を覚える今日この頃。
何かっつーと、アクティブ検出機能がなんやもっさいような気がする。
それにフルスキャン性能もなんかたいした事無いようにも思う。
全て思う、だけでデータも確証は無いのだけども。

そんな風に思い出したのは、JustSystemから一太郎のうpグレード案内に
Kasperskyのアンチウイルスの案内も一緒に含まれてたからで。
ちなむと、俺はKasperskyを最初「カスパースカイ」と読むんだと思ってました。
英語読みだとそうなんだろうが、独語だということで納得。はい、チラ裏。
で、まぁNOD32は3月ミドルで期限が来るので折角だし乗り換えようと
いろいろググってみたところ、GIGAZINEに面白い記事発見。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060905_antivirus/
2006年9月の記事であんまり新しくは無いけども、ランキングは興味深い。
1位はKaspersky、2位はAOLのAVS、3位はF-Secureとまぁダラダラっと続いて
10位にやっとこさNOD32がランクインしてる感じ。
McAfeeは13位、Avastは17位、ノートンは22位、挙句には
ウイルスバスター(PC-Cillin)は27位となかなか最低な結果に。
NOD32でもいいように思えてきたw

けど、まぁ、更新料払ってまでNOD32を使い続けるのもアレなので
入れ替えを決意。上位にランクインしているKasperskyに目をつけてみる。
ウイルス機能だけでお値段8000円くらい。高ぇな…。
俺はJustSystem製品ユーザーなので5800円になるらしい。
DL版だと4830円。まぁまぁ安くなってきた。
と、2位のAVS by AOLが同等検出性能なのに注目してみた。
フリーでこの検出性能は魅力的だ、っつーことで即DLして放り込んでみる。
まぁ、言わずもがな、英語版です。

インストールしてアップデートをかますと、凄い量のファイルをDLしてる。
鯖はどこなんだろうとなんとなしに見てみたらKasperskyの鯖だ。
画像ということは、検出性能はAVS=Kasperskyということか。
買おうと思ってたものがタダというから、飛びつかないわけが無い。
常用決定、君に決めた!

再起動してからローカルドライブをフルスキャン。
って、遅い。1ファイル当たり10秒くらいかけて検査しちょる。
これは流石に洒落んならんので設定項目が無いかを探してみるとありました。
画像赤丸で囲んだ「Pause virus scan~」ってやつのチェックをオフに。
他スレッド処理が遅くならんようにCPU空き時間を使ってスキャンするモードの
ようで、UDぶん回しながらとかだとこいつが効いてしまうみたい。
これでうちの環境では大体2TBを12時間くらいでスキャンできるみたい。
まぁまぁ、これくらいで普通だろう。

肝心の検査性能はNOD32の取りこぼしを数点みつけてくれた。
主にHTMLの悪意コードとアドウェア関連。
んー…やるなKaspersky。フリーのくせに抜群の性能だぜー。
これなら金出してKaspersky使うよりAOL版の方がいいやね。
英語なのがアレだけど、使えないレベルではないし。これで十分。

そう、スキャンの時に気付いたんだけど、ウイルス発見時に「消す?スキップ?」
とか聞いてくるダイアログが出るんだけども、これもなかなかよく出来てて。
通常であればダイアログが出た時点でスキャンが一時停止してユーザーの
選択が無いと続きをスキャンしにいかない場合が多いと思うんだけど、
こいつはちょっと違って、ユーザーの選択は迫ってくるけどその間もスキャンは
一時停止せずに続けてくれる。で、複数見つかった場合はあとでまとめて
表示してくれるので会社行く前とか寝る前とかにスキャン開始しても全然OK。
ちょっとした事だけどこういう配慮はうれしいよね。
—–

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Home > パソコンとデジ物 > ウイルス対策しようぜ

アーカイブ
Freearea

Return to page top