Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > T2CのHDD換装の感想

T2CのHDD換装の感想

うん、うまいこと言った。

いやすみません、そんなうまく言ったなんて微塵にも思ってません。

てなわけで、先日の東芝製2.5インチHDDのMK1234GAXをPanasonicのCF-T2Cにじゃんじゃんバリバリブチこんで行きたいと!ただなんか情報漁ると、レッツノートは「ロジック3.3Vのスピン5VのHDD」とかなんか日本語しゃべってくれよ的変態HDDを使用しているらしく、なんとも雲行きの怪しい感じ。まぁ、あんまり気にせずレツゴー、と行きたいところだけど、コネクタがあわない。
見てみたら、端っこのピンが埋まっとる。
穴がないならあければいい。
まぁ、開いてないものはあけりゃいいやハハン、と思ってドリルでルンルンしてみましたの図。とりあえず刺さるようにはなったけど、なぜか半笑いが止まらなくなってしまった。

次はBIOSで認識出来て…できてるじゃん。
むき出し状態でのテスト。HDDの認識はしてるみたい…。
前情報の「ロジック以下略」の影響は出てないのか?んー、わからんのでとりあえずはWindowsを起動してみる。してみる。してみた。した。普通に起動するじゃん。え?なんか俺おかしいことしたかなこれwww

まぁ、気にしないで次へ。
Acronisのパーティ切りツールでCドライブに全振り。
ソースネクストから出てる、Acronisのパーティション切り直しツール…なんだっけ?PartitionExpertPersonalか。アレを使ってCドライブに120GBを全振りしてゴリゴリデータやらを展開しつつ書き込んでみたりした。うん、なんも問題ねえ。

もはや定番。HDtuneでシバき。
あ、なんだ…悪くないじゃぁないか。
ほぉ…ノート用PCにしてはなかなかやるじゃあないか。というか、前のHDDからだいぶぱうわーうpしてる気がしないでもない。容量的にも速度的にもこれは良い感じ。体感できるかっつーたら、まぁ確かにブラウジングとかの時のモッサリ感が無くなってる気がしなくでもないし、あんまり変わらん気もするし。んまぁ、当初の目的が達成されたしいいやー。

と思って再起動かましてみたら。みたら。あれ?おかしいなー、起動しねえ。オイマジかよ。ちょっと焦りつつ、ACとBATT.抜いて1分待ち、ACオンリーでパワーオンしたら一応起動はしてWindowsも立ち上がった。なにこれ。試しに再び電源を切ってAC抜いて1分放置、BATTを差してぱうわーON。一瞬、LED類が光って消える…。あー…。
もしやこれは、序盤に出てきた「ロジック3.3V」トラップの発動か?3.3VがGNDに落ちてるとか…ガクブルだ。やはり3.3V供給ピンは折らねばならぬか?元に戻せない加工はできるだけしたくなかったんだけど、もしこれが原因ならやらねばならんよねぇ。とりあえず、東芝のデータシート漁りつつ、調べてみようかとおもいまっする。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2007-09/393/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
T2CのHDD換装の感想 from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > T2CのHDD換装の感想

アーカイブ
Freearea

Return to page top