Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 雑記 > eoギガファイバの続き

eoギガファイバの続き

昨日の結果を見返していて、やっぱりWindowsの設定なのかしらーともっかい設定を見直してみたら、設定漏れ発見してしまった…。なんてこったい。

今までDr.TCP使って設定してたんだけども、コレを機にNetTuneでもってMTUやらRWINとか1から設定し直してみる。で、設定したうちでキモの部分としては以下。NetTuneはこっちでDLできるス
MTU:1454 / DefaultTTL:128 / RWIN:262176
AFDは上から260176・260176・32768・8192・512・32

で、こうなりましたって事でまずはマイクロ総研 NetGenesis SuperOPT-GFive経由でテスト。
マイクロ総研のルーターでRadish東京 マイクロ総研のルーターでRadish大阪 マイクロ総研のルーターでeo網内
まぁ、こんなもんと言えばこんなもんなのかな。マイクロ総研の話ではFTPローカルモードでスループット240Mbpsらしい(今はなぜか記述が消えてる)のでPPPoE喋るともちっと遅くなるんだろう。

てなわけで、CentOS5 Kernel2.6.18 カーネルモードPPPoEも計測。
CentOS5.0とカーネルモードPPPoEルーターでRadish東京 CentOS5.0とカーネルモードPPPoEルーターでRadish大阪 CentOS5.0とカーネルモードPPPoEルーターでeo網内
おお、速くね!?なんかもうちょっとで300Mbps代に乗るよって勢いネ!ただ、やっぱりなぜかうpが遅いのでこれは調べないとどうにもならんかなー。あとはー…CPUがAthlon64 3500+なのをAthlon64X2の5000+くらいにグレードうpしてどうかな、って感じね。今、AMDのCPU安いからちょうど良いし。

っていうかみちの人、昨日メッセで「あんまり役にたたなかったお」って言ってたけど、いや十分ですやんw 嫁はんに怒られながら夜の遅くまでやってくれた努力は報われてるっぽいぞー!っていうかマジサンクス!今度メシおごります!

—————-
クライアント環境
CPU:C2D E8400
MEM:4GB
NIC:オンボ蟹 8111B

サーバー(ルーター)環境
HP ProLiantML115
CPU:Athlon64 3500+
MEM:2GB
LAN NIC:Planex GPE-1000T(Marvell 88E8053)
WAN NIC:オンボ Broadcom BCM5721

ネットワーク環境
HUB:PXG-08TXJ
ケーブル:一応、カテ6

関連エントリ:

Comments:2

みち 08-03-04 (火) 1:34

役に立って何よりです。
携帯メールはさっき気づいたけど寝てたら悪いのでこっちで返信。
LinuxでTCP/IPのチューニングめんどいけど、やればそれなりに効果あるかも??

ohta 08-03-04 (火) 10:13

いやー助かった。
それにしても、時間によって随分とバラつきがあるようで、17~19時は速め逆に0時近づくにつれどんどん遅くなって最終的には100Mbpsくらいで落ち着くっぽい。
eo網の中でそんな感じなのでうちに来てる回線の限界は結構低いのかもしんまい。

LinuxのTCP/IPチューニングはちょっと調べてみるさー。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2008-03/517/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
eoギガファイバの続き from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 雑記 > eoギガファイバの続き

アーカイブ
Freearea

Return to page top