Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > 1TBなHDD二種

1TBなHDD二種

てな訳で、ワザワザ夜中の時間帯に食べ物関係エントリをうpするGigazineに軽くイラッ☆としつつ、1TBクラスのHDDを二種類買ってみた。というか、最初に話題のSeagateなHDDを買ってみたは良いけど、割と振動やら振動やら振動がキツいので、他の…というかHGSTはどうなのかな?と思って、よせばいいのに更に買い増してみました的な。頭悪い俺。

そんなこんなでまずは海門。海門のHDD品番って、品番ルールが全然わからんのですが、今回は超わかりやすく「ST31000333AS」という感じになっております。どうでも良いね。1プラ333GBで、回転数は7200rpm、バッファ容量32MBっつー割とスペック志向な製品。因むと、ファーム不具合が出てたモデルに該当します。(今購入できるのはファーム不具合修正済み品で、俺のも修正済みだった。)
Seagate ST31000333AS
見てくれはヒジョーにシンプル。つか、型番シールでかすぎでござる、の巻。

CrystalDiskMarkでシバいてみる。
ST31000333ASのベンチ
秒速120MBっすよ、120MB。120MB/sec.っつったら、700MBのCDイメージが6秒くらいで転送終わるレベル。ただこれ、性能的には申し分無いんだけど、俺のがハズレだったのか振動がすげぇの。スピンアップして回転が落ち着くとアイドル状態であっても「ヴー…」と振動してらっしゃる。スピンドルの振動がかなり。で、データをモリモリ書き込んでみると、「ボボッ、ブボボボボベレレボッ…」とかなり振動なさる。「俺、今情熱的にビシビシ動いてンだぜッ!」と主張していただくのは結構だけど、振動はちょっと…。まぁ、「HDDは動いてるっていう感じがなきゃヤダ!」っていう人にはイイかもね!

次~。日立グローバルストレージテクノロジーズ略してHGSTのHDT721010SLA360。T7K1000シリーズで、一応P7K500よりは新しい製品。スペックは1プラ375GBで回転数7200rpm、16MBキャッシュ。Seagateよりキャッシュが少ない感じ。
HGST HDT721010SLA360
見てくれはまぁ、いつも通りのHGSTなHDD。アームを止めてる(と思われる)ビスの部分にはシールがしてあるス。

はい、CrystalDiskMarkでビシバシと。
HDT721010SLA360のベンチ
速度はプラッタ容量の割に控えめ。これー、Seagateよりプラッタ容量でかいんだからキャッシュを32MBにしてくれたら120MB超えるんじゃないかなぁ…。まぁ、これでも十分速いので文句は無いんだけど。振動に関しては、まぁーアイドル時の振動はかなり少なく好印象。ただ、シーク時にはそれなりの振動が出るのでビミョーにアレ。ケースに固定したりしたら結構響くんじゃないかなぁ…。

てな感じで、あとはWesternDigitalのHDDくらいかなー…さすがにもう1TBクラスのHDDは要らんけど。サムスンのHDDは俺と相性が出て動かないらしいんでパス!
というかー…昔やってた案件で、Sumsungドライブのバックアップを取る時にセンチュリーのこれDo台Proと繋いでドライブコピーかましたら、見事相性が出てハマったことが有ったので間違っても買わないようにだけしとるんですよ!速いと思うヨ?静かだと思うヨ?安いと思うヨ?でもヤダ。

関連エントリ:

Comments:2

みち 09-02-16 (月) 1:28

次これ頼むわw
http://ascii.jp/elem/000/000/213/213285/

ohta 09-02-16 (月) 19:35

お、発売してたんやー。実は気になってたんだけども、俺がHDD買ったタイミングで1TBが未発売だったんよねぇ。で、妥協して従来の333GBプラッタ品に逃げた訳。そのときにこのHDDが発売してたら買ってたかもしれんw
ただー…Seagateはやっぱうっさいし、500GBプラッタ品はなんか型番関係でヤヤコシイ事になってるらしいからちょい待ちかなぁ。7000円台に乗ったら考えるわ。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2009-02/858/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
1TBなHDD二種 from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > 1TBなHDD二種

アーカイブ
Freearea

Return to page top