Home > 画像あり | 雑記 > Panasonicの白物…

Panasonicの白物…

どう考えても恨まれてるとしか思えない時期に冷蔵庫がぶっ壊れやがりまして、しゃーないので買い換えに。

ただ、買い換えっつっても、もういくつ寝るとお正月って時に即日配送してくれるところなんか皆無な訳で、百歩譲って次の日配送とかって言っても無理無理といわれる訳で、千歩譲って明後日とか言ったら12月31日な訳で、このまま冷蔵庫が単なる断熱効果の高い箱に成り下がった状態で年を越すのはいかがなもんかと。っていうか、無理よね。ってわけで、知り合いの電器屋を頼ってみたところ無理をとおして次の日配送でなんとかなった!やっぱり小回りがきくのは大手量販より街の電器屋さんである、という感じ。

ってーな感じで。パナソニックな冷蔵庫、NR-E434Tのグレーっぽいやつ!正式品番NR-E434T-H!前に使ってた日立の冷蔵庫から幅が5cmほど縮まり、背が少し高くなった。
NR-E434T-H
構成は上から冷蔵・製氷と急冷・冷凍・野菜な感じ。野菜室が一番下なのね…。

オカンはもう俺に丸投げだったので、選んだのは俺なんだけども完璧に見た目で決めた。でも、Panasonicって他社と比べて、マイナスイオンがどうのとか真空チルドがどうのとか目新しいって意味で先進的な機能が全く無く、やっぱり他社から出てる冷蔵庫と比べて機能面では見劣りする。ECO-NAVIだけか。けど何故か家電量販では大人気らしい…。ブランドイメージなのか、はたまた主婦はそこまで求めてないのか。
でー、売りとしてはなんだろう。光センサと学習で電気代削減に貢献、ってとこなんだろうか。今まで使ってたのは10年前の冷蔵庫だったので、個人的にはR600冷媒使用、コンプが上に移動してる、LED照明がサイドについてる、他社では真似できないレベルの真空断熱が使われてるってのが目新しいかも。真空断熱はよくわからんけど、壁の厚さがかなり薄くなってて本体サイズもこのクラスとしてはコンパクト…なのかね。なんか話に聞くところによると、壁が薄くなって剛性が不足しがちだとか…こえーな。
えっと、年間消費電力は前の冷蔵庫が390kWh、今度のが290kWh。電力料金で言うと、関西電力重量Aの第二段階(24.21円)で計算して、前が9442円、今度のは7021円で。マイナス2421円、って改めて計算して考えたら微々たるもんだな。10年かけて100kWh削減、でパナの前年モデルは340kWhだから50kWh削減。実はこのECO-NAVIってかなり優秀?とか。電力料金削減は微々たるもんだけど、この前年比50kWh削減ってとこに相当の努力を感じる。

まーそんな感じで、Panasonicのロゴ!
Panasonicロゴ
冷蔵庫に付いてるってのが何ともなじめない…。なんかMP3再生機能とかついてたり、ラジオが聴けたりしそう。できんけど。

エコナビのランプは、まぁ予想通りの緑色。
ECO-NAVI
その下のレンズっぽいのは多分光センサ。でその下に2桁の7セグが有る感じ。

室内はこのような感じで…。人ん家の冷蔵庫の中身って気になるけど、まぁまぁそのなんだ、検閲。やっぱ個人的には見せたくない。
中身は検閲…
チルドを含めて前部で5段、一番上段はコンプが有るので奥行きは少し浅め。割とベーシックな構成。扉の方の棚は写真は無いけども、真ん中で区切られていて左右に段違いのポケットが付いてる。ポケットの深さは段の高さの割に浅めなのでビミョーとか思う。
あとそう、扉。扉は最後まで力をかけてしめる必要が有る。といってもごく軽い力で閉まるけども、最後で少しだけ重たくなるというか。思えば、前の冷蔵庫で「扉の閉センサはオンしてるけど扉が少し開いてる」って状況になってたって事が何度か有ったんだけども、こういう風に中途半端にセンサなりスイッチがオンしないようにしてあればそういうことはなくなるなーと。いや、設計者が深い考えを持ってこうしたかは定かじゃないけど…。

左右に付いてるライトっつーか庫内灯。
LEDなライト
二つ前の写真みたらちょっとわかるかもだけど、実は奥の方まで光が届いてねーし。手前の庫内灯+奥に縦長の庫内灯を付けときゃ良かったのにとか。っていうか写真回転忘れてたっ!左に90°回転してみてくだし…。で、気になるので修正…。

メイン扉の取っ手部分。黄色いテープはオカンの目印用…らしい。
取っ手が無い代わり
本来取っ手が有る部分にボタンが付いてるからって事なんでしょーけど、なれるまで時間かかりそう。ただ、取っ手が無いから全面はかなりフラットだし、見た目が良いのかなーと。そのボタン部分もツライチになってるから結構美しい感じ。んで、本来は庫内に有る温度設定ツマミなりボタンで温度設定をするようになっていた世代の人間=俺ですが、この冷蔵庫では前面ボタンで気軽に設定が変えられる。っていうか、そんな頻繁に変えるのかと言われたらアレよね。

製氷ユニット辺り。
製氷ユニット 製氷皿を取り外し
製氷ユニットの停止手順を踏んだ上で右図みたいにかなり簡単に取り外せるのが良い感じ。普通の物でもやろうと思えばできたけど、分解することになるから敷居が高かったかも。てゅーか、本当に掃除する必要が有るのは水タンクから製氷皿に行くまでのパイプだと思うんだけど、まーその、パイプは本当に分解レベルになるか普通の人でもできるようにするのは難しいのかもしれんけど。

急冷室?って呼び方わからんかったし調べたら、新鮮凍結ルームとか言うらし。
-30℃まで冷えるとこ
Panasonic曰く、コロッケとかハンバーグとかできたてアツアツのやつをこのトレイの上にのせてパネルを操作すると-30℃で急速冷凍してくれるらし。んで、凍らせたあとは普通の冷凍室に放り込んでってことだそうな。使う予定は無いけれどー…使ってみたい。

最後、冷凍室。野菜室も同じような構成なんで割愛。
冷凍室を100%開けてみた
売りはやはりいっぱいいっぱいまで開く事。レール部分見たら結構苦労してるのかな…。引き出しも物がかなり入ってる割に軽く開くしなかなか…。でも経年劣化で引き出しが下がったり引き出しがシブくなったりしない可能性も無きにしもあらず。っていうかレール部分を見れば見るほどそういう風になる気がする。

ザッと見た限りでは作りは誠実って感じはする、というか普通?なのかなー。ちょっと気になったのは、うちの床、ちょっと沈むんだけども沈むと結構揺れる。コンプが上に移動して重心が変わったのか、安定度が悪いというか。オプション品に転倒防止ベルトが有ったのが気になってたけど、これはちょっと怖いかもしんない。で、まぁ不満点も満足点も色々書いたけど、一番の不満は値段!18万近くしてるのはやっぱりたけーよ。ブランド料か?納得いかね。って、見返したら完璧にパナの回し者だなー。パナ好きだけどたけぇから自分の金ではなかなか買えないんよな。

ま、そんな感じでいつもと少し違う毛色で攻めてみた。個人的には割と良い製品と思う。まー、あとは長持ちすれば、故障しなければ良いんだけどねー。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2009-12/1255/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
Panasonicの白物… from ORZ-R Blog

Home > 画像あり | 雑記 > Panasonicの白物…

アーカイブ
Freearea

Return to page top