Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > PC直りまして

PC直りまして

とりあえず、面白い事にですなー、使用開始から一年以内に導入した電源ユニット…ZALMAN ZM660-XT!

原因を探してて、他のマシンについてたPentium4 XE840みたいな黒歴史CPU引っ張り出してきたりしたけど、一切症状に変わりなし。もしやと思って切り分け用の500Wをマザーとグラフィックにだけ繋いで電源入れてみたら、症状代わりやがんの。これだったのかー!と思って、サッと車飛ばしてクロシコのKRPW-P750W/85+、750Wプラグイン電源を1万ほどでポチッと。
元々が650Wで、特に電力を食いそうな仕様ではないんだけども、店に置いてあるラインナップが微妙過ぎてこれしか選択肢が無かったというのが本音…。ホントはSeasonicかEnermax辺りを選びたかったけど、金ねーし。まぁ、でけー電源のが余裕が有って良いかなーというのも少し。
とりあえず、マザーを元々のIntel DP956LTからバイ子のGA-P965-DS4にして、CPUもQ6600を乗せてザッと組み上げて修理完了!って感じで、なかなかに安定動作。つーか…マザーを変える必要は無かったんだけれども、ソケットカバー付けるときにミスっちゃって、LGA775のソケットpin曲げちゃってなー。仕方なしに交換、というかそもそも電源が壊れなかったらこんなことする必要すらなかったのによ!全く。

でまぁ、なんか使用状況が悪いのかなと思って、ひとまず腑分けしてみたらー。
わっかるかなー、わっかんねーかなー。
なんとコンデンサ膨張しとった感じ。ちょっとくだらない理由過ぎて笑っちまった。恐らく、コンデンサの容量抜けでリップル電圧が取り切れなくなって、んでマザー側で保護働いて、ってことなのか、もしくは単に電圧異常だったのか。
まぁ何にせよ、周辺巻き込んでしまいかねないような故障具合だったので、他に被害がなかっただけマシだと思おう…。というか、Q6600生きててホントに良かったよマジで。

壊れた電源ユニットは廃棄。3年保証とか書いてあったけど、そもそもで設計不良な製品を何年保証にしようが信頼性は低いってこったぜ。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2011-11/1450/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
PC直りまして from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > PC直りまして

アーカイブ
Freearea

Return to page top