Home > パソコンとデジ物 | 画像あり > サンワサプライ MM-BTSH29

サンワサプライ MM-BTSH29

なわけで。ついに買ったよ、買っちゃったよBTオーディオレシーバ。
実は保護フィルム貼ってあったり
丁度、ギャラS2のノングレア保護フィルムを貼り替えたので、使用済みのフィルムを切って切って貼ってみた。

で、ブツはサンワサプライ製 MM-BTSH29のブラック。お値段大体3500円くらい。ホントは奮発してソニエリのMW600へ行こうと思ってたんだけど、なんつっても高い。単なるレシーバーに1万円も出せるか。FMラジオってのには少し惹かれたけどRadiko有ったら要らんよね、日本語での曲名表示も惹かれたけどアニソンやらゲーソンやら聞く俺にはむしろ無い方が良い、連続再生8.5時間は魅力だけどそもそもそんな長い時間音楽きかねーし、ってことでMW600は俺には無用ということで考えるように。欲しいのは欲しいんだけどね…。
ひとまず、サンワサプライ製と同じ価格帯でやり玉に挙がったロジテック製 LBT-MPAR120シリーズ or LBT-AVAR120。これは現物をヨドバシで見たんだけれども、表面にかなりウェーブかかってて「これは出荷しちゃダメだろ…」っていう塗装具合だったのでスルー、連続再生時間は4時間と短いものの質感がよさげなこちらに。モノは普通のコントロールとマイク付きBTレシーバで、BT2.1+EDRに対応、Class2なので10m範囲、HSP・HFP・A2DPとAVRCPにも対応してるので地デジもOK!惜しいのはマルチペアリングに対応してないところだけど、この価格なので携帯専用とかスマホ専用とかって割り切ってしまっても良いかと。因むと、俺はスマホオンリーなのでまったく問題なし。あーと、テストしたペアリング先はGalaxyS2で、オーディオプレーヤーはPowerAMPとAndroid純正プレーヤー、あとはワンセグはもちろんOK。

見た目、これがすげぇちっせぇの。40mm*24mm*10mm程度、重さは分からんけど超軽くてちっせぇ。これ普通に無くしそうなサイズだわ。
すげぇちっさい
サイズを比較すると一目瞭然、っつーかMicroUSBのコネクタでけー、イヤホンもデカく見えるw デザイン的にはどうなんだろう、このミラーは良いような悪いような…服から思いっきり浮くと思うんだよね。んまぁ、目立たないところに付けときゃいいんだけど。あと、接続中は常にBTマークが点滅なさる。高輝度青LEDっぽくて凄い目立つよこれ。知ってる人なら心配要らんけど、知らん人が見たら「なんかあの人光ってる…」とか思われそう。まーでも、フラットな感じで全体的に無難なのかなと。ノングレアフィルム貼ってるから変にギラギラもしないから、貼ったのは良かったかも。

えー、コントローラーとしては、まぁ普通。ボタンは別に押しにくいこともないし、押し間違いも無いと思う。可もなく不可もなく。多少アレなのは長押しで電源ON/OFF、中途半端な長押しで電話がかかってしまう。うちは発信確認アプリ入れてるんで即発信はされないものの、普通ならかかってしまうんじゃないかと…。まぁ、電話がかかってしまうのはこれもAndroid側の問題なので仕方なす。あと、それ以外にもAndroid側が原因でペアリング後の再接続がかなり遅い。訂正:これについては本体側のBTをオンにしてからコントローラー電源を入れればばっちり2~3秒で再ペアリング可能。ボタン押してから実際に反応するのが遅延が有ったりというのもAndroid側なんだろう。肝心なアプリのコントロールは、オーディオプレーヤー類は問題無く操作できる。というかまぁ、コントロール内容が再生・停止・次曲・前曲のみなので、これでコントロール出来なきゃ金返せレベルである。PowerAMPを操作する場合はRespond To Headset Buttonにチェック入れてPowerAMP側でコントロールを受けれるようにする必要有り。追記:逆に純正プレーヤーを使う場合は他のアプリでBTコントロールをフックしないようにしておくと純正プレイヤーがコントロールを受け付ける感じ。純正プレイヤーもPowerAMPもアプリ起動してなくても再生ボタンを押すと音楽が再生される。音量はレシーバ側で持ってるアンプの音量コントロールで、本体音量はこれでは操作できない。まぁ、これは問題無い。Be quietによる音量消去と設定復活も問題無い。

音質は思ってたよりも良好で、サーっというかなり小さいノイズが聞こえるものの本当に微かなので音楽を聴き始めたら聞こえなくなるレベル。音飛びなんかは、よほど意地悪をしない限りは大丈夫っぽい。例えばスマホを背中にぴったりくっつけて、レシーバを胸の辺りに付けて手で覆うとかするとさすがに肉の壁に阻まれて音が途切れるけど、取説にもそういうことすると音が途切れるよとうたわれているので、まぁやるなってこった。普通にしてればまぁ大丈夫だろー…。

えー、まだ使い込みは足りないけれども、ザッと使った限りでは非常に良い感じ。イヤホン付けたままスマホ弄るのはコードがごちゃってなかなか鬱陶しかったのでこれは新境地っつーか、ストレスフリー。ちょっと前から色々BT機器を使ってたりするんだけど、意外と便利でさー。ハマって色々買いそろえたい気分。

2012/03/01 追記:でまー、3週弱ほど使って見た感じ、普通に問題なし。バッテリーの持ちはほぼカタログスペック通りで4時間きっかりくらい持つ。他に特に言うこた無いかなー。音の途切れはAndroid側でアプリアップデートとかで負荷が高いとき以外は全く無し。んー、持ち始めて思ったことはー、個人的になんだけど、もっとでかくて重くても良いからバッテリー持ちをもっと長くしてくれても良いんじゃないかとか。バッテリー持ちには不満はないけれど、充電の手間が減るに超したことはないし、交換できない電池だから充電回数は気になるっちゃ気になる。って今気づいたんだけど、バッテリーは普通のリチウムイオンじゃなくてリチウムイオンポリマー使ってんのねー。まぁ、この小ささならねぇ…。扱いには気を付けんと。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2012-02/1486/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
サンワサプライ MM-BTSH29 from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり > サンワサプライ MM-BTSH29

アーカイブ
Freearea

Return to page top