Home > パソコンとデジ物 | 自作・DIY > CF-F8F なんか直ったクサい

CF-F8F なんか直ったクサい

CF-F8Fのダメっぷりについて申し上げましたが!色々ググりまくった結果、結論としてはチップセットのバグ、と…。しらねーよ。

東芝【・・dynabook SS Part 40 by ログ速 より引用

ググった結果、異なる容量のメモリを組み合わせてVT-dを有効にした場合のみ発生するGS45の不具合の模様。

だそうで。となるとやねー、Intel GS45 Expressが乗ってるLet’s note F8Fはばっちり引っかかるワケで、オンボードに1GB+2GBを乗っけてるという状況で、まさにって感じ。ひとまずBIOSからIntel(R) Virtualization TechnologyをDisableにして様子見。DXVAで動画再生、WordとExcel立ち上げ、Firefox立ち上げ、Chromeもついでに立ち上げ、と負荷かけまくってみたけれど、今のところ行けてるっぽい。前までもffdshowのDXVA有りでMP4再生とかやってたときもボチボチ画面の乱れとか有ったから、まぁこれで確認OKということで…。

てゅーか、ググってもIntel公式ソースかからんかったんよねー。Panasonic公式も(もちろん)無いし。調べようが無いっつーか…。と思って、Intelの英語サイトからそれっぽい内容で検索かけたら、有ったぞ馬鹿タレ! Errataの#10が今回の該当するエラッタみたい。
英語は不得意なので機械翻訳だけど、ひとまずエラッタの内容としては
・GM45とGS45でメモリの関係で画面(の描画)がぶっ壊れる
・WindowsVistaとWindows7でオンボグラ使ってる場合に発生
メモリモードがシングルチャネル、フレックスモード(非対称DC)ではないデュアルチャネルでは発生しない
・オンボグラを使わない場合、WindowsXPの場合も発生しない
・回避策は、VT-dを無効にするか、メモリモードを変えれ
ってさ。

VMplayerでメモリ足らんからメモリ増やしたのに…。なんだよ畜生め。というわけで、Intelが諸悪の根源でした、ハイ。

関連エントリ:

Comments:2

Longfi 12-03-20 (火) 21:27

おつかれさまでした。。。

ohta 12-03-21 (水) 0:18

全くだわ…情報出せよと思う。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2012-03/1501/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
CF-F8F なんか直ったクサい from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 自作・DIY > CF-F8F なんか直ったクサい

アーカイブ
Freearea

Return to page top