Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > PL-QUCHG03の改造

PL-QUCHG03の改造

年賀状出したし、あとは年末を迎え…部屋と車の掃除してねーや。

先日のエントリでHTC J Butterflyの充電器関連がビミョーって話をしたけれども、職場用にはDoCoMoの純正ACアダプタ03、実家にはau純正の共通ACアダプタ04、で今の住んでるとこではPlanexのPL-QUCHG03を使ってんだけれども、これで充電すると「USB充電」だと認識されるっぽい。ホントは純正買えば良いんだろうけど、1500円かけて、かつケーブル長が1.5mってのは納得できない。寝っ転がって使うのはやっぱ2~3mくらい欲しいし。
ってーことで、PL-QUCHG03でAC充電が出来るように改造したろーかってなわけで。
Planex PL-QUCHG03
とりあえず、言わなくても良いだろうけど、改造を行う場合、全ては自己責任のもとにやって下さいね、接続機器が壊れたり火災が起きたりしてもメーカーと俺は責任取りません、ってことでひとつ。

じゃ、ひとまず分解。
切れ目をカッターで切ってく
この手の機器にありがちな接着剤で密封してある仕様なので、裏面のカバー切れ目をカッターナイフで切ってく。

で、3枚におろす。
ご開帳~♪

中身はこんな感じ。
コンデンサのメーカーがヤバいねー
いやしかし、100Vを5V2Aすんのにこの程度、と言ったらアレだけどこんなに小さく出来るなんてなー…。

で、裏側のランドをUSBから追っかけて、4つの抵抗を外す。
裏側

ピンセット使わなくても、多めにハンダ盛って左右の端子を温めながらコテでチョイと力を加えてやるとボリっと外れる。
抵抗にハンダを盛ってー
表面実装部品は裏側にボンドっぽいのが付いてるから、部品ごと温めないと取れないからメドイ。

で、右左ともに関連する抵抗を全部取っ払っちまう。
ボロッと取っちゃう
逆バンクぼボロッとねー
ついでにD+とD-をショートさせとく。USB規格のBattery charging spec1.2では、充電専用ポートのD+/D-間の抵抗値は200Ω以下って規定されてるので、ショートでもOKだと思う…。

もしかしたら戻すことも有るかも知れないので、抵抗は取っとく。
取った抵抗は元に戻すために取っとく

で、セロテープで仮固定してテスト。一応、テスター抵抗レンジでVCCとD+/D-、GNDとD+/D-でショートしてないかとかAC入れたときに煙が出たりしないようにチェックだけしとく。その後でAC入れてVCC-GND間で5V強(無負荷なのでちょい高め)くらいが出るか確認する。
Xperiaで充電OK
XperiaはD+/D-ショートかPCのUSBでしか充電出来ないハズなので、普通のUSBケーブルを使ってXperiaが充電出来ればOK。

でー、おっかなびっくりHTL21に刺してみたら、ちゃんとAC充電中として認識されているので、改造成功。これで2A使い切って充電できるので、充電速度は上がる、のかなぁ…。ひとまず、AC関係はこれでとりあえずはOKかなー。

関連エントリ:

Comments:1

匿名 13-08-13 (火) 0:18

はじめまして。こちらの記事を参考にさせてもらったところ、同じように改造成功しました。
アダプタも同じってだけで凄く安心できたのに加え、私もHTL21を使ってるので最後の2行読んだとき少し嬉しくなっちゃいました。

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2012-12/1603/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
PL-QUCHG03の改造 from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり | 自作・DIY > PL-QUCHG03の改造

アーカイブ
Freearea

Return to page top