Home > パソコンとデジ物 | 画像あり > 尼で売っとるモバイルバッテリー

尼で売っとるモバイルバッテリー

年末ヒマを持てあましての更新ラッシュ。ま、どうせ年明けには落ち着くさ-。

なわけで、最近この系というかまぁモバイルブースターというか、Filcoのパワーバンクシリーズが出て、eneloopで火が付いて、Panasonic製のモバブーが流行って、んで次は中国製の安い・大容量・デカい系のヤツが流行っていますが。自分も数年前に買ったパワーバンクSlimを使ってたんだけれども、もうこちらも寿命がアレな感じでロクに充電できねぇ、って事になって買い換える事にしたワケで。
折角なので、PanasonicのQE-PL301にしようと思ったんだけど、8000mAhで5000円とかしてたんでちょっとなーって二の足を踏んでて。まぁその、日本製ってところに5000円払う価値はあるとは思うんだけどね。そこで、半値くらいで10000mAhとか出せる中国製のヤツが有ったので、バッテリーは消耗品だと割り切って買ってみることに。っていうか、スゴい種類出てるからどれにしようか迷ったんだけど、ひとまずオーソドックスっぽいヤツをチョイス。

cheero Power Plus 10000mAhと言うらしいです、初めまして。お値段大体3000円未満。
cheero Power Plus 10000mAh
デカい!デカいっつーか、割と重い。箱の情報では、117*73.4*23mmの250gってな感じだそうな。
分厚い…23mmくらい
うん、問題無く分厚い。1AのUSB充電器使って、空から満充電まで9~11時間、充電回数(寿命)は500回。バッテリー種はリチウム・イオンだそうだ。個人的に、リチウムイオンもリチウムポリマーもそれぞれ善し悪しがあってどっちもどっちって感じなのでどっちでもいいやとは思ってるんだけど、こういう箱型だったら大人しくリチウムイオン使っとけとは思う。リチウムイオンの方が技術的に枯れてる…ような気がするので、ちょっと安心かなとか…いやどっちでもいいや。あと、気になるポイント、メーカー保証半年。微妙ッス。

付属品は、本体充電用MicroUSBケーブル、周辺機器用ケーブルにMicroUSB・MiniUSB・DSL・PSP・iPod・GalaxyTAB用…?かな。あと、キャリングケース。
付属品てんこもり
メンドクサイのは本体とバラなので、仕舞ったり出したりがちょっと邪魔くさい。本体に収納スペースが有れば良かったのに…と思ったけど、さらに本体厚みが増えるよね、うーんって感じ。

で、容量チェックはこんな感じ。
ボタンを押すと容量チェック
ちょいとマブい。買った直後でもある程度は充電されてるのですぐ使える。まぁスマホ充電1回分って感じだろうかね。

裏の定格ラベルはこんな感じ。10000mAhだってさ。
定格ラベルはこんな感じ
押しつぶすとか穴開けるとか焼却したり、あと端子短絡させんなよー的なことが書いてあるます。

で、ちょっと心配だったUSBのD+/D-の抵抗値だけれども、実際測ったところ2.1Aアウトも1Aアウトも53kΩ前後の抵抗値を持ってるので、これもまたUSBでの高速充電は出来なさそう。でも、一応ノーマルなMicroUSBケーブルでXperiaの充電は可能。まぁ、Xperiaが充電できるなら他も大丈夫だろうと思う。さてまー、実際に充電すると何回分かって話だけれども、実際にまだ試せてない。試そうとは思ってるけど、どうやって試したものかな…。あと、他に色々出ててそっちも微妙に気になる。

追記…後継機が出たみたい。容量ちょいアップのカラバリ増えてLEDライト内蔵。けど、付属ケーブルがMicroUSBのみになってしまっている…。まぁ、充電ケーブルなぞは100均でそろうので大した問題じゃないか。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2012-12/1659/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
尼で売っとるモバイルバッテリー from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり > 尼で売っとるモバイルバッテリー

アーカイブ
Freearea

Return to page top