Home > サブカルチャー | パソコンとデジ物 | 画像あり > PSV!PSV!

PSV!PSV!

ダメだ!だったこのPSVでゲームできるようにしてくれよ!PSV!PSV!

はい、そんな感じのここ1週間でした。
PS Vitaの青!因むと1000番。
はい。PS Vitaの青なんですが、PSPと一緒っぽい青。PSP買ったとき、3000番が出てたけど2000番を買った、って状況と似てる感じで、PSVの2000版が出てる状況で1000番をチョイス。そして、PSP青を買ったときと一緒で中古品。なんかPSP買ったときの業況と色々似てる。
えー、最近PSVのPCH-2000が出たところで1000番を買った感じなんですが、2000番が大体2万してる店の本屋挟んで隣の中古屋(じゃんぱら)で14800円の年末お年玉特価で2000円引き、とか行って売られてたので買うしか!と思って買ったんですよね。某みっち氏に「今のVita液晶だし、有機ELの方が云々~。12000円安いっしょ、いつ買うの?云々でしょ!」とか色々言われたから、ではないけどまぁ買っちゃうか的な。うん、買ったあとに食事に行く予定だったのでソフトや周辺ハードはあとにしておくか、どーせPSNでなんとかなるんだろ、とか思ってた俺に絶望。買ったのは1/3くらいだったと思うんだけれども、状況がほぼ衝動買いに近くってなーんも下調べもせずに買ったもんだから、Vitaカードが無いと何もできないのを知らなかった訳で…。尼でVitaカードが届くまでPSNっていうかSENか、まぁオンラインのショップみて「何をDLしようかな…」と思ってるだけ、或いはPS3のリモートプレイでTorneをチョイチョイみたりとスゲェお茶濁してるわ俺、的な使い方してました。という冒頭の一文に繋がったわけです、ハイ。ほぼ1週間そんな状況ってのがPSP買ったときより悲惨だなぁ、とか。
えー、そこから1週間後、尼で前面保護シート2枚、背面保護シート2枚、ポリカの保護ケース、インナーポーチ、Vitaカード64GB、塊魂ノビータ、しめて13200円くらいをポチッと。PSVの1000番(中古)をもう1台買ってお釣り来るぜ…。はい、まぁいいや。ブツについて色々書いていこう。

まず、PSVについて。なんかね、第一印象は「スマホみてえ」だなと思いました-。ハード面については特に言うことも無いけれど、何かしようと思ったときにネット環境が無いとちょっといろいろやりにくいかなと。あいや、ハード面、液晶っつーか有機ELね。有機ELが駆動してる状態で黒画面を暗い部屋で見るとシミっぽいのがたくさん見える。昔使ってたSamsung GalaxyS2でも同じようになってたから、これは有機ELの問題なのかなと思って調べて見たら、ダークスポットと言う症状?らしい。2chでもPSVでよく見られるとかいう情報。あー、まぁ、しゃーないな…。思わず「汚ぇ!」つって絶叫したんだけど、まぁもう言うまい。あと、タッチパネル感度については問題なし。背面パネルもちゃんと反応するっつーか、これ使う機会あるのか不明だけれど、まぁなんか可能性が広がるよね。あとアレだ、本体はやっぱりちょっと重いなぁと。PSPと持ち比べるかなりの重さを感じるなぁと。まぁ、初期型だしこれから軽くなってくでしょ、多分買わんけど。

えー、あと、ゲームは基本的に一人でやるもんだ、って状況を崩したいのかな。ネットとの融合っつーか、ソーシャル的な要素がけっこう入ってきてるなぁと。うちの近所でPSVやってる人が、どんなゲームで遊んでるかっていうのとか。あと、カメラと位置情報でAR表示をさせて、モンスターを集めましょう!的ゲームが有ったり。ここら辺でも可能性が色々広がるなぁと。ゲームはー…塊魂はPS3で面白かったのでPSVでも、って感じで。あとマジカルビートが出てたので即ポチ。って両方ともあんまりタッチパッドに依存しないゲームでした、ワハハ。
そう!あと、どうやら開発言語がC#らしい。っていうか、PlayStation Certifiedな端末なら、PlayStation Mobile SDKでガンガン開発できるっぽい。で、フレームワークにはmonoが乗っていると。そして個人でも開発可能!と。おおー、なんかSCE色々踏み込んだなぁ。ただ、デベロッパープログラムが99ドル/年と…。今はタダらしいけど、遊びでやるのはもうちょっとハードル下がってからかな。申し込むとかメンドイわ。あ、あと開発環境がUnityなんだ…。VS使わせろやっ!とまぁ、そんな感じ。

あとはなんだ。周辺機器について。プロテクトケースはHORI PSV-046で、さわり方にも寄るんだろうけどもケースの上からタッチ可能。多分公式にはタッチ不可なんだろうけどw 使い勝手は悪くないけどサイズが若干キツイんじゃないのかな、保護フィルムにかなり圧力かかってるよ?という感じ。
ケースはLINX PRODUCTS製 インナーポーチPSV、ぶっちゃけ言うとGAMETECHのインナーケースと同じような作り。まぁ、ラクに入れてラクに出せる、モノグサ人には向きだと思われ。Willcomのアドエスケースみたいに鉄板は入ってないので、強い衝撃なんかはダメだろうけど。あと、プロテクトケース入れたままでも収納OK。GAMETECH製かLINX製にするかは好みで。
前面保護シートはレイアウト製とCYBER Gadget製を購入しまして、とりあえずレイアウトを貼り付け。割と分厚めだけど、ディスプレイの見え方やタッチへの影響は無く、至って快適。ただ、スピーカー上の部分が離島になってて別貼りなのでちょっとメンドイかなぁと。
背面保護シートはGAMETECH製とLINX製を購入、ソフトポーチがLINX製なのでGAMETECH製を貼り付け。あと、LINX製はカメラの保護シートが無いっぽい。こちらは前面とは違ってかなり薄っぺらく、ちょっと張りにくかった。動作についてはまぁ普通に問題なし。やたら良いクリーニングシートが付いてたのが印象的だったなぁと。

ひとまず色々年末に散財しましたよ、って話で。そういやPSV買うときに店員さんに「PSVのゲームで何する予定なんスか?」って言われて「いやっ、特に無いけど…安かったしとりあえず買っとくか的にね。」とか答えましたけれども、ぶっちゃけ言おう、SAOのゲームを視野に入れて買いました!多分買うのは中古価格が落ち着いてからだろうけど。後付の理由としては、PS3のリモートプレイとトルネの持ち出しをしようかなって思いましてね。って感じでした。

よし、久々にアフィ張りまくるぜ!


うん、張りすぎた、ゴメン。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2014-01/1758/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
PSV!PSV! from ORZ-R Blog

Home > サブカルチャー | パソコンとデジ物 | 画像あり > PSV!PSV!

アーカイブ
Freearea

Return to page top