Home > パソコンとデジ物 | 画像あり > iBuffalo BSKBC02BKF

iBuffalo BSKBC02BKF

なんかここ最近、寒くなったり暖かかったり(略)な感じで二回目ですね!

えー、相当前に購入したFilco Zeroが壊れてSolidyearのACK-230を使い始めたは良いけど、そのACK-230も2年くらいでメンブレンスイッチが接触不良を起こしてんあー!ってなったあと、壊れたFilco Zeroを修理(半田浮き直しただけ)して使ってたんだけども、タイピングがウルセーしACK-230のタッチがちょっと恋しくなってACK-230ではないキーボードを物色してみた結果、iBuffalo BSKBC02BKFに白羽の矢が立ちました、と。

なワケで。Amazonで1300円強也。
iBuffalo BSKBC02BKF
iBuffaloの安物…、ではなくていや安いんだけどゲーム用として出てるキーボード。なんかタッチが良さげというレビューがあったし、PS/2・USB両対応、キー配列がノーマル、あと失敗しても痛くない値段だったので、Buffaloは…という自分の中の気持ちを押し切って購入してみた。
ゲーミング機能としては、スペースバー62±15g、他52±15gと重さが微妙に変わってること、Windowsキーとアプリキーが無効になる、ついでにキーリピートが早くできる、特定キーのみNキーロールオーバーと。

タッチについては上々。メンブレンのウマい感じをちゃんと活かしてるっつーか、メンブレンと言えばこのタッチというか。ACK-230にも割と近い感じを受けるけど、ちょっと重さというか引っかかり感が無い気がする。でも、これはこれでアリ。キーの重さが違いはぶっちゃけよーわからん。あってもなくてもいい気がする。
キートップは普通の印刷だな、値段的に。経年劣化で消える可能性もあるだろうけど、特に気にはならんかな。ちょっと、これは確認不足だったんだけど、かな印刷無しじゃん…っていう。いや、かな入力派ではないんだけども、デザインフォント使うときにたまにかな印刷キーじゃないと苦労する場合があって。まぁ、FEPで半カナ変換すればいいだけなんだけどもね。ま、ゲームでは必要ないってことだろうけど。
それと、キーボード自体の大きさなんだけど、普通のキーボードと同じキーピッチを確保しながらベゼルが結構薄いので、横方向にあんまり場所を広げたくない場合は良い。Filco Zero使ってた身としてはここは非常に評価が高いところ。

ゲーミング機能については、総じてマイナス。というか、キーリピート可変機能の作りが良くない。他の機能については有っても無くても評価は変わらず。キーリピートを変えるとリピート速度が速くなるんだけど、キーリピートを変えていないデフォルトの状態が強制的に10回/sec.になるという致命的な問題がある。どうやらWindowsで設定した(コントロールパネルのキーボードのところの)キーリピート設定を無視して強制的に10回/sec.に書き換えるみたい。これに関してはコントロールパネルでキーリピートを設定しなおせば直るが面倒。で、もっと始末が悪いのはたまに何の設定もしてないのにWindowsキーが無効になったりCtrlきーが押しっぱなしになったりと、なーんか不安定。これについてだけひたすらに良くない。これだけかな…、マイナスポイントは。
巷のレビューを見るとUSB接続だと認識不良多発だとかそもそもで初期不良が多発してるとか色々あるけれども、うちではひとまずそんな事はなくそれなりに快適。キーリピートの問題と思われる高速タイピングでのタイプ取りこぼしなんかが有ったりするみたいだけど、これも俺の鈍足キータイプの前には姿を現さず。まぁ、ひとまずはこれで良いかって感じで…。

ゲーミング機能にマイナスが有る以外はかなり良い感じではあるので正直言って惜しいキーボード。Buffaloの標準キーボードをキーリピート機能がないこのキーボードにしてしまえば良いと思うんだけど。

関連エントリ:

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.orz-r.com/blog/2015-03/1885/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
iBuffalo BSKBC02BKF from ORZ-R Blog

Home > パソコンとデジ物 | 画像あり > iBuffalo BSKBC02BKF

アーカイブ
Freearea

Return to page top