Home > Archives > 2007-09

2007-09

USB3.0は2.0の10倍

昨日辺り、某みちの人からのタレコミ。

USB3.0の姿、現行の10倍速でコネクター互換
従来との互換性を確保したまま移行…できるんかいなw
10倍ということで、単純計算して4.8Gbpsものスピードでデータを流そうとすると、ケーブルはもうメタルではダメなんじゃない?と思いたくもなるけど、なんか写真見る限りじゃ従来のメタルケーブル+コネクターでもイケるらしい。加えて、光ケーブルを埋め込んだケーブルによる接続もサポートする、と。
どうなんだろう。ホストからメタル用ラインと光用ラインと分けて出して、ブラケットもメタル用と光用と両方のコネクタを用意すんだろか。そうしたら現行製品はメタル用に刺してこれからの製品は光用コネクタに刺す、という棲み分け?切り分け?が発生して結局のところ互換性は保たれないという話にならんかね、とボンヤリ思ったり。

ぶっちゃけ、転送速度が実効で100MB/sec(800Mbpsくらい?)くらい出ればいいから、ホストコントローラーの多重化とバスパワー電力の増強をお願いしたいところ。まぁ、転送速度だけの話ならIEEE1394b使えば良いんだけどねぇ。

健康診断

アイヤー、アナタメタボリクダヨ!

と、言われた訳でも無くまぁ、多少ダメージを受けつつ終わりました。痛かった…。いやね、何が痛かったって、これッスよこれ。
これはッ!右腕だ! そしてこれは左腕だ!

いや、そのっ、出た錆なんですがね!採血の時に、「ウデ太くて血管が見えない→とりあえずプスッ→はずれました♥」みたいな状況に。ホントに身から出た錆。それがなんとまぁ、3回も続いた訳ですよ。結局、右腕2回・左腕2回の4回ほど注射針でつっつきまくられて、今や俺の腕はヤク中患者かと思わざるを得ない。
特に2回目の左腕にやられちゃったのが強烈で、刺す→外れた→少しだけ抜いて角度を変える→刺す、というのを3ループくらい繰り返してました。痛くて痛くて、「あっ、ら、らめぇ…抜いてぇ…」と担当のお姉さんに思わず嘆願してしまったわけでw あれはさすがにというか、角度変えてズブズブっといかれるのはマジやばい、痛い。

とりあえず、同じ轍を踏まぬように今回の採血ポイントを写真にとって補完しておこうと思いました、ええ。さすがに4回はつらかった。まぁ、3回目くらいから結構慣れてきたと言えば慣れてきたんだけど…。

Let’sNoteが進化しつつも

レッツノート、ついに7シリーズ突入。

Impress PC watchより。
Letsnote全シリーズで同じタフさを実現
パナソニック、「Let’snote」全モデルでSanta Rosa搭載

ついに7シリーズかー…。「すげーなひいらぎぃ」と例の声で脳内で再生されたら俺の勝ち。
全体的にパワーアップしてて、母艦が要らなくなるくらいのパワフルノートになっているのはうん、正直とても良いと思う。がっ!パワフルになったぶん…というか、多分GM965のチップセットが爆熱なんだろうが、ファンレスで無くなってしまった…。ファンレスということでも多くのユーザーの関心を集めていただけに、これは正直痛い。色々と残念すぐる。
あと、TシリーズとWシリーズの違いが光学ドライブだけになって、元々のTシリーズのウリであった「もういいだろ」っていうくらい長時間のバッテリー駆動が無くなってしまった。多分、WとTのバッテリを共用化したんだろうけど、T2使いとしてはこれは頂けないよなぁと。WとTの重さは100gくらいしか違わんし、それ以外はほぼ一緒だからTの存在意義が無くなる。これはー、次買うときは(いつになるか分からんけどw)Wシリーズにいっちゃうしかないかなぁ。

slimstat-exを入れ替えた!

バージョンうpはなんかうまくいかんかった…。

LORBのBlog構築してて、プラグインポンポン放り込んでたらなんかslimstat-exがバージョンうpしてる!まぁ、たいした変更じゃないだろーなどと思ってたら、なんかGoogleMapと連携してるー!とか、CountryFlagの判定がちょっと良くなってるー!とか、他にも色々改善ポイントが多いみたいなんで、うちも入れ替えてみたんだよ。

チュートリアルには元バージョンを消してから新バージョンを入れて、んでUpgradeかませということだったんだけどー…。なんかうまくバージョンアップスクリプトが動かん。セーフモードPHPで禁止されてる関数(set_time_limitっていう、実行時間制限の関数)使ってるのでエラーが出てるんだけどまぁ、それはあんまり関係ねえかなーとその部分をコメントアウトして再実行…してもうん、ダメだね。あっちの世界にいったまんま帰っていらっしゃらない。
まぁ、別にそんな大してログもため込んでた訳ではないので、プラグインを無効化してからPhpMyAdminでサックリslimstat-ex関連のテーブルを削除サクサク。これで問題なかろー、と再び有効化…したら「バージョンアップしやがってください」という表示が出てslimstat項目が出なひ。
テメーは俺を怒らせた。ということで、グーグル先生にお伺いを立ててみるけどあんまし情報が無い。しゃーなし、あんまり詳しいわけでも無いSQLをポリポリ弄る事に。とは言え、検索のやり方すらよく知らんアイタタ具合なので、ある程度絞って見てゆく。有るとすればWordpressの設定を保存してるテーブル辺りかなぁ。
と、格闘すること数分。
あたー、有りました。「nn(接頭語)_options」というテープルの中に「wp_slimstat_ex_version」というキーが!あぁもうなんでバージョン情報をDBに書くのよまったくもう…。ということで、このキーを「1.605」とかDLしてきたバージョンに合わせてポチッとしたあと、管理画面をリロード!おお、動いた!あぁー、良い感じー。

もしやと思って、バックアップしておいたDBからSlimstatのログを復旧させてみたら、なんか不完全だけど一応表示は出来てる。テーブルの構造が変わってるんだろな。まぁ、不具合も怖いのでslimstat関連のログはやっぱり破棄しときました。

追記:
ReaderCountなんてのも付いてるのね!とシコシコ頑張って、日付とカテゴリと同じラインに出せるようにしてみた。ぶっちゃけ、テーマ弄るの結構めどい。

若者の職業定着率

愚痴っちゃって大変ゴメンナサイと、先に謝っときます。
【2ch】ニュース速報アワーズ:若者は何故すぐ会社を辞めるのか?

これは2chスレのまとめなんだけど、ほぼ俺が思ってることと合致してる。あいや、俺も1年半くらい前に仕事やめたというか転職組なので、うん、すっげぇよくわかる。同意せざるを得ない。

仕事内容は好きだったけどキツくて、アホみたいにサービス残業して、客から怒られ会社の成績もきにしつつ、でもとんでもないくらい薄給で、上司の給料明細のぞき見したらとんでもない額が支給されてて、でもその上司はロクすっぽ働かなくて。で、よくあるそこらの会社で導入されてる自分で目標立ててその達成具合で評価がきまる評価制度を導入するも、書くのに丸一日かかって業務に支障は出る上にお世辞にも「適正」な評価がされてるとは言い難い上司の採点。挙げ句、これもそこらでよく見られる評価による格付けも、入社から2年間ほどいわゆる「新入社員」扱いを受けてボーナス支給額もそれ相応の額というなんともアレな感じ。
でさ、待遇の話含めて上司に相談したらよ。「みんなさ、”会社が悪い”とか”会社が~”って言うけど、会社は自分たちの働きで良くしていくんだよ」とか、口悪すぎで俺自重すべきだけど「おまえマジ頭沸いてんじゃねえのか?」と本気で思いたくなってしまいまして。会社に期待していたことをことごとく裏切られて追加攻撃のような”一番信頼していた上司”からその発言。会社を辞めるには十分な理由だ、と思って全てを諦め、辞めた。

会社案内とか面接の時に、「サービス残業有りません!」と言いながら実際には強制はされないながらも”せざるを得ない”状況に追い込んで結果的にサービス残業をさせられた、とか。有給を取るのに、一般的に会社側は”有給を取る事”を拒否っつーか拒絶したりしたらダメ(のハズ)なのに、実際にはなんやかんやとかこつけて(日にちの変更は良くあるマシなパターンだけど、それすら無く)”取らせない状況”に追い込んで、年14日程度(だったと記憶してるけど)の有給を3年間もほぼフルに捨てさせられたりした、とか。新入社員の頃に残業を時間通り付けいたら、「新入社員のクセに」という感じの事を言われて結局残業0時間にさせられた、とか。もう、挙げればキリがない。
一番ひどかったのは、個人の1日の売上金を勤務時間で割ったいわゆる”時間生産性”をランキング形式で全社に配信し、ランキングが下の方だったりするとネチネチと上司からお小言を言われる。ハマった作業とかがあって、残業が多ければ勿論ランキングが下がってくるわけだけどもそれについて「残業を取るなとは言わんけど、なぁ?」と姑息な手法で遠回しに「残業を取るな」と言ってきたことがあった。さすがにこれにはムカついたので、「あーそうですか」とその次の月から残業を一切申請せず。再び「いや、そういう事じゃなくてな?」と言われたけど、「労働局の監査が入ってみんなで仲良く新聞に載るがいいわフヒヒ!」と思って辞めるまでの間ずーっと残業無しで過ごしたなぁ。結局、何事も無かった様子だけど。
ホント、今思えば勤務時間のメモを毎日書かさず取っておいて労働局にタレこめば良かったよ。くやぢい。

少し毒舌リセットしましょ。「最近の若い人は我慢というか…飽きっぽいところがあってすぐにやめちゃうんですよ」って重役クラスの人間はこういうんだろうなぁ。若い人間がいつでも正しいとは限らんけど、自分が原因に有るクセに若い人間・辞めた人間を悪とするのはちょっと間違ってないかね。知り合いにも仕事辞めた人が居るけど、30歳越えてて次の職場が決まるまでにおおよそ半年ほどかかったそうだ。30越えると途端にそういう状況になるからこそ、若い時に転職してしまおうという人が多いんだぞと。退職するのにはやはりそれなりの理由が有る。その理由を、特に大きな会社の経営者や重役は理解をして欲しいと思う。

と、件のまとめブログ読んで前の会社に対して怒りが沸々と沸いて来て。

メモリの値段下がりすぎ

1GBがついに3000円割れ。
PC2-6400(DDR2-800)対応1GBメモリが3000円割れ! by ASCII24

気にしてた為替も、なんかじゃんじゃか円高になって今は停滞してるっぽいし。
アフーファイナンスの為替、3ヶ月の大グラフ
こりゃもうなんだ、必要・不必要にかかわらず買っとけっつーことだろうかw 前にもなんかこんなこと言ってたような気がするけど、取り敢えずPC組み替えを目論んでる某ろんぐふぃ制作所長さんは4GB分くらい買っといていいと思うZE!

前回、ツクモの特価品でM&Sを引き当ててしまったので、今回はTWO-TOPでElixirを引き当てt…いや、買うかわからんけどさw

CF-T2CのHDD載せ替えの続き

なっ!Let’sNoteテンプレWikiが有っただなんて!

つーことで、早速ですが参考にさせて頂きました!っていうか、なんか「マザーボードが破損する」とか物騒な事が書いてあって、そのままガンガン電源入れまくってた俺涙目www
先日のエントリで、HDDのピン折りはあんまりやりたくないなぁと申しておりましたら、なんか別な解決手段があるらしい。なんとまぁ、マニアックな表面実装部品の付け替え。う~ん、HDDは先も使えるけど、こいつの(性能的な)寿命はまぁあと1年もったら良い方だろうなぁ。っつーことで、素子付け替えで行こうかと。いやまぁ、もういい加減古いし、「ブッ壊れてもいいや」と半分くらい思ってこっちの手段を選んだわけですよ、へぇ。メインボードだし、下手打つとパターン剥離やスルーホール断線なんて目も当てられない状況になるのはわかっちゃいるんだ。うん、ぶっちゃけ「ネタになる」と踏んだから実践。ネタに生きる俺万歳。

とりあえず、HDDの電圧切り替えの項目を見てみるが…T2CのHDDの事についてあんまり触れられてない。んんん、情報無しとな。えー、どうしようと10秒考えて、メインボードを見てから決めようということで、早速バラバラにしてメインボードを取り出してHDDコネクタ周りを見てみる。
あっ。あるじゃんなんか怪しいのが。HDDのフレキが刺さってるすぐ裏面、リコーのPCMCIAコントローラーチップのすぐそば。「L4・L5・L6・L7」とシルク印刷がしてあるチップコイル…多分、松下的にLはコイルであってると思うフェライトビーズ(というものらしい)。シルク印刷のパターンとしてはLet’sNoteテンプレWikiのR3と全く同じ感じ。んー…これなんだろうか。いや、多分これ。間違いなさそうだけど、実証が無いのもアレだし。

っつーことで、テスタでピンを当たってみようと実験環境を整える。
この辺から自分が何やってんのかわからなくなってきたの図
なんだこれw 自分でもわらっちゃうよねwww いや、レッツノートってキーボードの裏側から放熱するようになってて、さすがにキーボード付けずに電源入れるのはこえーよねーと思った為の処置。ヒートシンクがたくましいな。

よし、男は度胸!
MOTOR側と思われる素子をうりゃっと付け替えて電源ON!
そして41-43ピンをテスタでピッ!
わかりにくいけど41-43ピンをピッとしてます
-5.04Vって、テスタの極性が逆なのね。

もういっちょ42-43ピンをテスタでピッ!
こちらもわかりにくいけど42-43ピンをピッ中
こっちもテスタ極性が逆っ!

よし、俺内部で確証がとれた!つまり、L4とL5がLOGIC側でL6とL7がMOTOR側ということでどうやら間違いなさそう。一応、写真ではこんな感じで付いてますよって感じで。
ちょっと気合入れてポリポリやってみたんだよ。
まぁ、言わなくても…と思うんだけど、あくまで参考に。利用するかしないかは、見てる人の判断に委ねます。
よし、不具合解決してるかどうか確認。そのままHDDつないでWindowsを起動してHDtune回したあと再起動してみると、ちゃんと再起動する!見事不具合解決した!1時間ほどデフラグかましたけど問題無し!っしゃー!ちょっと、なんかめっちゃ嬉しいぞー。久々にコテ握って表面実装部品さわったからドキドキだったのでした。

てな感じで、イケイケな気分のまま電源LEDを青っぽくしてみる。
うん、なんかキモい!
よし、なんだかキモい仕様に大変化。良い感じだ!メモリ増強に始まり、無線LANのa/b/g化、HDD載せ替えとLED付け替えと、出来うる改造を施して最強に極まった感じのT2Cになりました。もう弄ることは有るまい。


一応言っときます。このエントリは改造を推奨するものではありません。改造は自己責任で、自分のチョンボは自分でフォロー、メーカーや販売店に責任転嫁なんて以ての外、うちのBlogもまとめWikiの人も一切の責任を負いません。壊したら実費で修理してもらいましょう、ってことで宜しくお願いします。

Home > Archives > 2007-09

アーカイブ
Freearea

Return to page top