Home > Archives > 2009-03

2009-03

キーボード買い換え

ネコちゃんって、どうして走ってくる車の前に積極的に出ていらっしゃるんでしょうかね。轢いてしまうの覚悟で思いっきり急ブレーキしたら右足の親指をちょっと痛めたような気がするよ。つーか、そのネコちゃん、ボディ色がブラックだったんですが。アメリカじゃ不吉っすね。イギリスでは幸福の兆候ですね。ああ、ネコちゃんは無事でした。轢いた感触が無かったので無事なはず…。(確認してみたらちゃんと大丈夫でした)

てなわけで!!おおよそ3年くらい使ったFilcoのZeroに別れを告げて…ッ!やってきましたNewキーボード。
この曲線がエロイよね!
SolidtekのACK-230、ブラックの日本語版、Shop-Uで2500円くらい。で、USB・PS/2両用キーボードが氾濫するこの世の中に思いっきり逆行してるPS/2オンリー仕様。男らしくて素敵じゃないか!というのは強がりで、ホンネはCPU切り替え機がPS/2専用だったりするからなんだ、カナシイ。USB行ける切り替え機ならUSB版行ってたし、RealForceとか行ってたし、LogicoolのIlluminateにも行ってたハズ!

いやね、なんでこのキーボード選んだかって言うと、会社で使ったPC一式にこのキーボードの英語版が添付されててカチャカチャやってたら思わずハマってしまって以下略云々。ぐふぃにも「オマエ 絶対 キニイル カウ!カウ!」とインディアン風ゴリ押ししてしまいましたとさ。
スペックとしては一般的なシリコンキャップ+メンブレンな感じの安モンと言われてもおかしくないキーボードなんだけども、肝心の打鍵感としては基本的に軽いしストロークは浅目だけど独特のしっとり感が有って「シュタタタ」とか「スココココ」とかそんな感じのタイプ感。リアフォとかマジェとかとは根本的に違うし比べられん、なんというか…独特の打ち応えがあるというか。何ともクセになる感じのキーボード。

ずっと前まではJusty辺りがOEMで販売してたらしいけど、今ではグリーンフラッシュジャパンと言うところが代理店をしてらっしゃる模様。でも、販売網がアレなのか入手先がかなり限られてるのがすっげぇ悔やまれる。1000円とかで売ってるフニャペラのキーボードを買うなら絶対こっちをオススメしたい!というか、デフォで付いてるキーボードがショボいなぁ、なんて思ってる人は絶対に一度試してみるべき。

Let’sNoteのキーが

さぁ、そろそろイベントも近いし視聴用のマシンのバッテリリフレッシュして本番に備え…ガシャーン!

おや、Jキーの様子が…?
おや、Jキーの様子が…

取れた!\(^o^)/
モゲラッ!
てな訳で知り合いの電気屋でキーボードを注文して交換する事に。

で、部品が来たので剥がす!
まんぐりがえs

折角なので、Let’sNoteのT2E以降用のキーボードに換装。
リフレッシュ!てか、マッチしてない気がする
何か白すぎて心とか体とか肺とかが真っ黒な俺にはあんまり合わないなと思いました。

因むとー、部品価格は5000円くらい。品番はー…、パッと出てこないのでパナソニックのショップに行って「CF-T2E用のキーボード取っといてー」っつったらその通りに注文してくれます。

占いの話

普段、占いとかまーったく信じない俺です。が、なんとなしに見た上海問屋メールマガジンの「今日の占い」コーナーに以下の様な感じで書かれていた。

金運⇒○ 
寄り道しよう。面白い物が見れるかも、、

フーン。と思って流すつもりだったけど、なんか魔が差して特に寄り道って訳ではないけどいつもとは違う道で帰ってみる事に。近所の比較的走り慣れた道なので特に何もないであろーとかボンヤリしながらブイイっと帰路へ。
で、もう家が近いなって頃に三叉路に。整備はされてるけど信号がないなんとも厄介な交差点で、そこの対向車線を横切るルートを通らないとエライ遠回りになるので対向車が途切れるまで待ってた。待つこと数秒、車が途切れたので1速フルアクセルで発進。発進したその先には何故か水をばーっと撒いたような跡。で、あっけなくリア空転で車の体制を乱し、思いっきりオーバーステアで曲がっちゃってー…危うく昇天するとこでした。ギリギリのところで車が言うことを聞いてくれたのでなんとか持ち直したので助かった感じ…。本気でタイヤ変えて安全運転しようとオモタです、ハイ。

確かに、面白いモンは見れた(と言うか体験した)けど、死にそーになる体験は勘弁だ!というか、馬力のある車って怖い、って初めて思った。
結論:占いは安易に信じるなバカ!

中耳炎を食らった

えと、最強極まって勘弁しろ大馬鹿野郎>俺。

てなわけで、先々週あたりにこじらせた風邪の延長線で中耳炎を食らいました的な。一個買えばもう一個!みたいな「いらねーよ」って状況そのまんまです、ハイ。自分、この歳になるまで中耳炎ってのを全く知らなかったんだけども、本気で気が狂いそうなくらいに難聴になるね!自分の場合は常時、右耳から「ポェー…」みたいなマヌケな音が聞こえて、人が喋ってる声も何かを一枚挟んだみたいな聞こえ方になって非常に聞き取りづらくなる。加えて「治らないんじゃないのかこれ…」とか思ったりするとなかなかこう、何とも言えない不安っつーかそういうのが来るので割と神経的にも参る。
てーなわけで小生のちっぽけな不安を解消すべく、先週末に耳鼻咽喉科と言う、あんまり世話になったことのないお医者さんにかかってきましたよ。その耳鼻咽喉科って読んで字の如く、耳と鼻と喉関連のお医者さんな訳で。実際に行くまで「どうせガラ空きで受付と同時に診察してくれるであろー」なんて思ってた俺。医院の扉を開けると人だらけ。なんでだよ!と思わず爆笑問題風にツッコミかけたけど、よくよく考えたら花粉症って耳鼻咽喉科のカバーするところだよなぁなんてボンヤリ思って、この時期に中耳炎にかかる自分を激しく呪いましたとさ。

で、30分ほど待ってから診察を受けた結果というと、やっぱり中耳炎。でも、割と軽度な方で、鼻の炎症が治まったら自動的に治るでしょうよー、なんて何ともいい加減というか適当というかそんなご返答。風邪もまだ残ってる感じだったので、抗生物質とか炎症を抑える薬だとか痰切りだとかそんなのを出してもらいました。早く治れ耳。

やー、鼻に来る風邪って怖いね!

eoのスピードテスト

最近、なんだかマンネリだよねーハハハー、なんてのんきな事を言ってる俺は、今現在やらなきゃならん事がいっぱい有るのにモチベーションだかイノベーションだかが全然みなぎってこなくて全く何にも手に付かない「早すぎる五月病」的な感じです、ハイ。どうでも良いけど、話の流れ的に「モチベーションときたらマスターベンションだろ!」と思ったヤツ、残念だったな!

まぁそんな訳で、eo光のスピードテストサイトを久々に覗いてみたら「1ギガ・200Mコース向け スピードテスト」なる新項目が追加されてたのでボリッとやらかしてみた。
設定は前にも書いた通り、MTUからRWINを適度にデカいサイズで測定。前と変わった点と言えば、メインマシンのママン変更(LANのチップは同じ)とサーバーのCPU変更(Athlon3500→X2 5000+)くらい。
と、NICドライバの設定でチェックサムオフロードとかスループットに影響が出そうな項目をひたすらDisableにして、フローコントロールも無効化、JumboFrame設定を9KBに設定、リンク速度を1Gbps決め打ち。

で、こんなんでました系。
これはもうNICの限界ではなかろーか
蟹さん頑張ってます。ただ、NICのスループットが上がるとCPUの占有率もグイグイ上がる。タスクマネージャでみた限りじゃ、負荷が50%弱くらいなんでうちのE8400のCPU1コア分くらい。同じくタスクマネージャーでネットワークの送受信バイト数を見てると1秒で30~50MBくらいのデータをゴリゴリ送受信してらっしゃる様子。いやー、なかなかやるじゃんeo光。ってか、今までボトルネックだと思ってたルーターはちゃんと仕事を全うしてたんだなぁと。よく、iptablesが固まってシステムごと無反応になってらっしゃるけど、実はかなり高性能なルーターでした、って感じで。本気でNECのWR8500Nを入れようかと思ってただけに大満足。俺のLinuxの師匠である某みちぃ人に感謝。

でー、eo網内ではこの速度だけど、いざWebArenaとかの速度測定をやりに行くと遅いんだよねぇ…、ってオチ。

Linksysの日本法人

Linksys 営業活動終了のお知らせ

結構古い話だけど。マジかーって感じ。でも、世界情勢考えたら解散するのは割と普通かも、って思ったり。シスコによる買収はこの後だし、会社自体がボチボチ危なかったのかもしれん。
いやー、あのLinksysの無骨な形したルーターとかって結構好きだったんだけどなぁ。

って、アメリカではまだやるのね。

久々のデジタルガジェット

ここ最近、不況の煽りなのかそこら中で特価セール連発中でついついポチッと行ってしまいそうなのを必死でこらえているわけですが。まぁそのなんだ、AmazonでCreativeのZEN Stoneが2100円とか言う値段で売ってて、「あー、MP3プレーヤーもう一台欲しいなぁ」とか思っちゃった訳で、でもCreativeは絶対に買わんと誓っていたのでスルーかと思いきや、別の物で手を打つ俺って色々ダメだよね、って話。

てなわけで、TrancendのT.Sonic MP630っつーモノクロ液晶付きMP3プレーヤーをAmazonにてポチィ、3980円なり。
ちっさいネ!
容量は4GBでFMラジオとラインイン、ボイレコ付き。決め手は外部マイク接続して録音OKなところ。ボイレコ機能自体、そんなに使わんと思うけど、USBメモリとかと一緒に持ち歩いておけば打ち合わせとかのビジネスシーンで適当に使えるかなーと。ついでに曲を放り込んでおけば車で聞けるんで便利であろーという感じ。

音はー…、MDR-EX90で聞くには至極普通っぽい音がする。付属ヘッドフォンはそんなにいい音しないという話だったので未開封。操作感はiPodに慣れてると鬱陶しくてたまらんかもしれんけど、一般的なプレーヤーと考えたら割と普通に操作はできるかなーと。期待してたボイス録音も価格とかマイクの質とか考えたら十分なレベル。ただ、コーデックがADPCMのWAVEファイルっていうのがちょっと難かなぁ。音楽用の音源サンプラーとして使う場合はオケに混ぜるとかツブしのきく方法でギリギリ使用に耐えるかなぁ、ってレベル。録音時間は60時間ほど録れるらしいけど、多分そんなに電池が持たんと思われ。ラジオの感度はまちまち。ヘッドフォンの線をそのままアンテナにして使っているようでそれに要因が有るみたい。

ま、安くてボイスレコーダーとか使える方が良いって場合は割とマシな選択じゃなかろーか。

Home > Archives > 2009-03

アーカイブ
Freearea

Return to page top