Home > Archives > 2009-04

2009-04

なんて言うかこう…

けいおん厨が酷すぎる件 by VIPPERな俺
どこだよこれ…ってか見たこと有るなぁこの光景、とか思ったら三条JEUGIAだった件。床マットに注目な。ひでぇ。

つい数日前にボンヤリと買い物に行って、一階のあのような有様を見て思わず引き返しかけた訳だが。つーか、なんてーか、最近の楽器屋さんっていうのは、じょしこーせーのたまり場みたいになってるンですね。ピック売り場で3人くらいが固まって、「あっ、これかぁいぅい~☆」とか「こっちのなんでどぉ~?v」みたいなやりとりを見てて正直、イラッと来ました。

道すがらにちょっと寄ってみるか、とかやった途端この結果。どんだけ裏目人生歩んでるんでしょう俺。

車検通してタイヤ変えて…

ウチのインプ君、GC8のE型、98年くらいの車ですが。ついにこないだ、車検通した感じ!車が無いと死ぬ死ぬ病ではないけども、無かったら無いで結構困る事も事実だったりするので、寸前まで車検通すかどうするか迷ってたけども、この車検をすぎると1年車検になっちまうので思い切って車検通してみた。

で、特に今回は何も故障的なところもなかったのでテケトーにお願いする事にしたんだけど、お願いする前にタイヤだけは変えておかねば!と思い立ったが吉日生活。今履いてるタイヤは何故か、前がRE-01で後ろはPLAYZという変態仕様なんだけども、前のRE-01が鬼のようにツルツルだったのでサッパリと変えちゃうぜ!と、いうわけで京都の端っこ、八幡にあるタイヤショップでタイヤ交換!
今はもう旧製品になってしまったP7K
ブツはピレリのP7000という、割と有名なタイヤ。工賃込みの4本交換で36000円くらいと超絶極まって安い感じ。いやー、アジアンタイヤ(特に韓国タイヤ)はイヤだったので良いところで良いブツに巡り会えて良かったなーと。

ただ!トレッドパターンがちょいダサい。
あんまり…かっこいくない
まぁ、まぁ…もうここら辺は割り切るしか。指向性有りの左右対称パターンでハイドロに割と強そうな感じがしないでもない。

肝心の走りとかの部分では思い切り走り込んだ訳ではないけど特にこれと言って文句も無く、レイン性能も普通かなーって感じ。ロードノイズは窓開けっ放しで走って聞いてもあんまりよくわからんのでこの辺も普通なのかなーと。ただ、乗り心地でちょっとビックリしたのが、結構柔らかい事。突き上げ感が前よりマイルドになった、っつーか。空気圧がアレなのかどうなのかはイマイチ不明だけど、ショックを最強に固くしても段差乗り越え時のショックが結構柔い。なんつーか、ホントにショック踏ん張ってるのかな?と思うくらい。それと、標準的な215/45R17よりちょっと太めなのか、車高が前のままだとボディにすりそう。これはどげんかせんといかんかったので、車高を2cmほど上げて対処。も一つ、前のタイヤから大きく違うのは、割と跳ねること。段差の形状にもよるけど、割とポヨンポヨンと跳ねるので接地感がイマイチ。ここらはサスのセッティングで何とかごまかして今はそんなでもない感じ。でもま、全体的にコストパフォーマンス良いし満足。良かった。

で、まぁとにかく、車検も通したことだし、無事にあと2年走りきってくれたら個人的にはOKかな、という感じで。

ヘッドフォンかけ

と言うことで、ヘッドフォンをもう一本増やそうかと頭の悪いことを四六時中考えてる俺です。でも、ヘッドフォンって置き場所に困るし、なんかかさばるし、ミョーに置きにくいし、ってことで台所用品を使ってヘッドフォン置き場を作ってみることに。
つーわけで、ホムセンへ行って、さびに強くなくても別にいいのに無駄にステンレス製の網をゲット。「やっぱおめぇ、台所ではステン最強だろ」とか調子に乗って値段を見ずにレジへ持って行ったらお値段ビックリの2600円くらい。100均で山の用に目にする部材だったので、そんなしねえだろーなどと思ってた俺涙目。

てーなわけで、フックなどを組み合わせてこのような感じ。
SUSだよ、ステンレスだよ

窓枠の近辺にある木の部分によーとをぶち込み、結束バンドでビシバシ。スチールラックと網の間にスポンジクッションを挟んで更に結束バンドでバッシバシ。結果、とてもヨイ具合になりましたとさ。あと2つくらいヘッドフォン増やせそう…ドフドフ。

カスペからG DATAに

最近、WinXP環境でカスペが原因でポコポコBSODかましよるんで、いい加減頭に来てG DATA インターネットセキュリティ 3PC版をAmazonでポチィ、3980円くらいナリ。っていうか、前にも3980円でAmazonポチィ致しましたよね>俺。つーか、Vistaでは鉄板のごとき安定性を誇るカスペさん、これはVistaにするがいいという俺に対するお達しなのか。

で、「検出率No.1!!」とかデカデカと書いてあり、かつ「円高還元セールで3ヶ月延長!!」とか、「軽快さも最高評価を獲得!!」だとか眉唾モンの煽り文句がバシバシ並んでいるソフトなわけで、ノートン使ってNOD32使ってAvastやらF-SecureやらVBやらも漏れなく使ってきたセキュ厨手前の俺としては「ウイルスソリューションは色々使ってみやんと分からん!」とか訳の分からん事をつぶやきつつ、眉毛につばを塗りたくって試して見た。

まず、「検出率No.1!!」ってのは恐らくそうなんだろうなぁ。ブツとしてはAvastと何かもう一個のエンジンを使っているらしい。正直、ウイルスってうちのパソコンはなかなか入ってこないんでなんともなんだけども、誤検出がかなり大量に引っかかる上、「これはスパイウェアじゃねーだろー…」っていういわゆる「怪しい動きをするソフト」に対してもガシガシ検閲くれてやがります。悪く書くとこういう感じだけど、裏を返せば数打ちゃ当たるんじゃね?的な…疑わしきは罰せよという感じで、これなら正真正銘のウイルスも根こそぎなんだろうなぁ、という感じ。誤検出がかなりウザいが…。

軽快さに関しては文句有り有り。C2D E8400と3TB超のHDDをアーカイブ含めてスキャンする条件でなら、他メーカーを引き合いに出してアレだけどカスペだと初回の全体スキャンに半日程度かかる。けど、コイツはどうだ!夜中1時に始めて次の日の夜中1時になってもおわらねえ訳で。しかも二回目以降は少し早くはなるけどカスペの初回スキャンには遠く及ばないくらいの時間。ここはエンジンを片っ方にすることである程度改善するらしいが、検出率を落とすことになりそれはそれで本末転倒な感じがしないでもない。けど、ウイルススキャンにそんなに時間かけるのもアホらしいのでエンジンAのみで使用。ああ、本末転倒。

あとー、ライセンス形式に文句。3PCも入れるつもりねーから1PC版をもっと安くしてください的な。1PC版と3PC版と値段があんまり変わらんのだけど、何かっつーと「3PC分のライセンスが有るけど、全てのライセンスの有効期限は1台目のPCに入れたシステムをアクティベーションしてから起算」と何ともセコい感じ。またも他メーカーを引き合いに出すのはアレだけど、カスペの3PC版はちゃんとそれぞれ別のアクティベーション日からの起算となる上、1台に複数台分のライセンスIDをぶち込む事も可能で代理店(カスペだとJustSystem)が決めてる「ライセンスの最終的な有効期限」まで製品寿命を延ばす事が可能。値段にかなり差が有るけど、これが本来の筋じゃないかなぁ…。

と、悪いところを書きまくったけど、システム全体との親和性は高くて特に不具合も発生せずに至って快調に動作中。NOD32やカスペのBSODで悩まされてる人は頼ってもいいかもしんない。けど、有料ソフトにこだわらないのであれば、やっぱりAvastやAntiVirなどのフリーで使えるウイルスソリューションでも良いんじゃないかなーと思う。

グッドなタイミング

というわけで、Cubase3 SLから安価でバージョンアップ出来る限界かなぁーと思って思い切ってCubase5 Studioをポチッと。

振り込み完了してから2~3日程度で届いたのはビックリ。
ついにVer.UPしちゃった
後ろでは検証用のVista 64bitに鏡音姉弟のAct.2インストール中。

とりあえず、メインで使ってるXP機に放り込んでみたけど、割とこう…普通っていうか、操作感とかは全然変わってない。VSTエフェクトが8本くらいまで刺せるのがかなりウマいような気がするけど、大抵はパラEQとコンプとリバーブくらいしか刺さないので5本のままでもさして問題無かったりする。ただ、Cubase4かららしいんだけど、DnDで刺す順番を変えられるところは凄い便利になったなぁと。いいよこれー。
りちたー情報でCubase4からDynamicsがエライ変わってるとか言ってたんだけども、そんなに言うほど変わってないし、旧バージョンも使おうと思えば使えるし大丈夫かなーと。

てなわけで、Vista 64bitの検証まとめページを作成してみた。

ヘッドフォンアンプ

先日のSONYのヘッドフォンにまつわるエピソード。

うちではPCからのオーデオ出力をM-AudioのFirewire AudioPhileにお任せしてんだけども、ヘッドフォン出力が一発しか無いのでベリ様の安モンヘッドフォンアンプを併用しておる訳です。AMP800っつー、2入力4出力、1出力系統当たり2つのヘッドフォンが刺さって、最大で8発のヘッドフォンがぶっ込める、その上お値段が6000円くらいっていう超素敵な製品。
i-depがブリバリ鳴ってます
こんなやつね。

で、そいつに先日購入したMDR-XD300をぶち込んでみたら、特定の音域?の音だけがザラザラと音が濁ってしまう。クラブシーンでよくありがちなカットオフフィルターをキューッって搾っていく時とか特に「チリチリシャリシャリ」系の音がしよる。もっと顕著なのは松任谷由実の名曲中の名曲「春よ来い」のイントロ。ピアノが「チャンチャランチャララ~♪」と鳴ってるときにシャラシャラジャリジャリ音。
おおたさん、さすがにこれはどげんかせんといかんとトラブルシューティング。AudioPhileの出力は問題無いのでベリ様のAMP800が悪いらしい。よくよく確認しようと思ってプラグをグリグリやってみたら「ブリバリッ!」とかいう音がする!ということで、分解!

底面と上面のビス4本取って、ゴム足を半分ほど剥がしてうりゃっとやるとこんな感じ。
三つ子の魂百まで。
で、前面に付いてるコネクタ類をモリモリ盛り半田して、端子を捨てても良いようなプラグに接点復活剤を塗ってズコズコやりまくってみた。
と、背面基板も気になったので本格的にバラしてみたら…。
アンリミテッドオバチャンワークス
オゥ…NiceBoat…。これは不味い。っつーか、この製品ってヨーロッパ向けマニュアルがあるところを見るとRoHS対応なんだろうけど、本当かぁ?この半田のツヤは鉛入りっぽい半田の色だぞ…。って、まぁここは日本なので別に良いんだけど。

てなわけで鉛フリーの半田盛り直してフラックスリムーバーをこれでもかってくらいブリバリ吹き付けてフラックスを除去してこんな感じ。
若干、お芋な感じ
組み付けてちょっとドキドキしながら電源オンして、XD300ぶち込んでみたら治った!

てな感じで、ベリ様の値段の訳を改めて再認識すると共に、コネクタの汚れとかでこういう事って起こるんだねって事で。ちぃ覚えた。

ヘッドフォン購入

最近、何かと購入祭りな俺です。最近、安い製品ってアレだろうとか思ってたけど意外とすげぇって事に気付いて、総じて安い買い物ばかりしてます、ハイ。

そんなわけで、ポチィ!!
467
RolandのRH-300一本で今まで頑張ってきたけど、「普及価格帯のヘッドフォンってやっぱり一本くらい持っておくべきよなーと思って買ったPioneerのSE-MJ5はぐふぃに売っちまったし、やはりココはソレ系のヘッドフォンをポチるしかあるまいよもしかして!」と思ってSONYのMDR-XD300というどっちかと言うと、映画とか見るのに良いんじゃなかろうかというヘッドフォンを買ってみた。5000円丁度くらい。チョイスの理由は、耳を全部覆えそうなイヤーパッド・なんか体験したことない装着感が味わえそうなヘッドバンド・ソニーだから若モンが好みそうな味付けがされてそう、っていう何ともアレな理由。

実際のところ、装着感に関しては見た目通りに耳たぶの圧迫感は全く無いし、頭頂部の痛みも全く感じない。ヘッドバンドが特殊な形をしてるけど、自分はあんまり気にならない。いやー、この装着感は満点をあげたい。ただ…夏場は蒸れそう。
音質は平たく言えば低音重視のソニーらしいドンシャリ。でも、中音域は別に埋もれてないし、高音もちゃんと聞ける。低音はあんまりハッキリしない感じ。音の解像度?っていう面で見たら能力はあんまり高くない。耳コピに使うにはチョイつらい。というのがモニター用途で使う側からの意見。
対照的に、単純に音楽を楽しみたいって人には割とオススメ出来るかなーと。トランス・テクノ・ハウスとかのクラブで流れる系の曲との相性はかなり良い感じで、CyberTranceの古いのやらテクノ系のネットラジオなんかを聞いてるとこのボヤッとした低域が何とも気持ちよくってついついノッてしまう感じ。ここら辺の音楽聞く人にはかなりオススメ。
で、なんかMusicモードとMovieモードの切り替えが付いてんだけど、個人の好みにも因るけど自分はMusicモードをオススメ。Movieモードだとボヤッとした低域がさらにボヤけるのでちょっと好みじゃない感じになってしまう。

まぁ、そのような感じで、RH-300を温存する意味でも常用ヘッドフォンとして愛用中。

Home > Archives > 2009-04

アーカイブ
Freearea

Return to page top