Home > Archives > 2013-03

2013-03

ELECOM TK-FBS039E

安かったんでポチッとな。
ブツはELECOM TK-FBS039Eのホワイトモデル。Amazonで1980円、安い!

TK-FBS039E 折りたたみ
ぅわーい、って、折りたたみ状態だとなんかテンション上がらないネ。てーなわけで、パージ!
TK-FBS039E パージ!
開いてもまぁ、あんまりか…。ブツとしてはBluetooth3.0対応、要HIDプロファイルなBTキーボード。ELECOMページでは「iOSしか対応しねーよ?」って言ってて、しかも「HTL21では使えねーよ?」って言ってる感じ。まぁ、あんまり期待せずに買ってはみたけれどもまぁまぁちゃんと動いてる…んだけど?たまに接続が切れたりするのは多分、使用環境がアルミテーブルの上で使ってるからなんじゃないかなと。あと、ホーム画面でのカーソル動きがちょっとおかしいかな。文字入力は全く問題なし。真ん中で割れてるから右半分のキーが少しズレてるのはご愛敬。ブラインドタッチはやりにくいかなぁ。
意外だったのは、ファンクションでロック画面解除や音楽の再生・停止、音量Up/Down、検索ボタンなどが普通に使える。AndroidとiOSと同じファンクション使ってるのか知らないけれども、普通に動くね。他の文字キー以外もなんか普通に動いてるんだけどね。まぁいいや。
キーについてはシリコンキーなのでタッチについてはお察し。普通のキーボードを使い慣れてるなら、良くはない。良くはないけれども悪くもなく、これはひたすらに慣れなのかな。指先で押すようにすれば認識不足はあまりないような感じで打てる。と、ファンクションキーが無く、Fnキー同時押し手段などのファンクションキーを入力出来る手段が無いのでちょっとここはツラいかな。でまぁ、最低限、無変換-カナ漢切り替え手段について取説に書いてなかったので調べて見たところ「Option+ENG/JPN」で切り替え可能みたい。正式な手段かは知らないけれども。他は特にいやなところは無いかな-。特に滑りやすい事はないけど、ホワイトカラーだと擦った跡が付くようで、汚れやすい。ブラックの方が良かった、のかなー…。

おまけ、サイズ比較。
HTL21より小さい…だとッ…!?
HTL21よりちょっと短いのネ…。

LaCie LCH-RK500U2S

HDDだよ、HDD。2.5インチだけど。

さて、まぁ、期末セールのラッシュ的な感じでカタログアウトしてたLaCie LCH-RK500U2SをNTT-X Storeでポチッと。
LaCie LCH-RK500U2S
お値段3980円、500GBのUSB2.0接続な製品。
LaCie製品っていつの間にかELECOM扱いになってたのね。Macintosh向けのストレージとしてまぁなんというか割とスタンダードな位置に居るLaCieですがー、今まで容量-コストが合わねえなぁと思って手を出してなかったんだけれどもー。

見てくれはこんな感じ。
アルミヘアライン!
綺麗なアルミヘアライン加工なアルミっぽいハコ。トルネ・ナスネ対応とか書いてあるけどケーブルがスゲェ短いからそれはちょっと厳しいんじゃないかなぁと…。あと、ケーブルの固定がちょい緩いなぁと。それとキャリングポーチ欲しかったな。

前面と後面は樹脂、アクセスランプがコネクタ寄りの場所…っつーか、後面だよね、まぁそこに付いてます、へぇ。
意外にもアクセスランプはオレンジ
でねー、このアクセスランプがちょっと納得できない仕様。通常、アクセスランプってHDDの読み書きに応じてチカチカするもんだと思うんだけれども、これはアクセス時に等間隔で点滅する仕様。えーっと、安物のLANハブにありがちな感じのぺかぺか点滅するだけというか…説明が難しいけどそういう感じ。まぁアクセスしてるの分かるしいいや。

で、ベンチ。どうせUSB2.0の理論値とか出ないだろう、20MB/sec.くらいが関の山だろうと思って期待はしてなかった…が、シバいてみたら意外と速いの。これはひとえにSATA-USB変換の性能が上がってんだろうなぁ。
おっ、意外と速い
でー、最初繋いだときはパーティションが500MBくらい切ってあって残りが未割り当て、という状態で。LaCieのセットアップ実行してくんなまし、と取説に書いてあったんだけれども。なんかあんまり実行したい気がしなかったのでサクッとパーティション飛ばしてBuffaloのユーティリティでFAT32で切り直しで対応。こういうの…あんまり好きじゃない。

はいで中身。
で、中身。
SEAGATEのMomentus 5400.6、っていうか繋いだらST9500325ASって型番出るからバラさなくて良かったなぁと。地味にピンTRX使ってあってウザッと思ったけど、何故か対応ドライバー持ってたので開けてみました的な。まぁそのなんだ、サムスンじゃなかったしまぁ良かった。

しかしまぁ、HDDって書く事少なくてちょっと困る。

USB3.0RD-PCIEとKURO-DACHI/CLONE/U3

ひっさびさにデジ物ネタだよー。

っていう感じで、ネタになるかなーなんて思って…うん、特に苦労する事ないっていうかラクショーだろみたいな感じで組み込んだらハマってるんですけど。
いきり立ったアレ
まぁ、こんな感じで、元々eSATAで使ってたHDDをACアダプタの削減とHDDを増やすための前準備として2台搭載のアレとUSB3.0ボードを増設したもので接続してみました的な。ブツはUSB3.0RD-PCIE(Renesas μPD720202)とKURO-DACHI/CLONE/U3という裸○のお立ち台2台版のクロシコ版。だけどね。なんだこのガッカリ具合。

HDDはWD30EZRX…なんですが。ひとまず、前回eSATAで測った時の速度はー。
eSATAの時!
うん、120MB/sec.くらいなんでまぁ、満足。

で、同じHDDをUSB3.0で繋ぐと。
USB3.0のとき…
遅えよ!なんだこれ遅えよ!しかもなんか測ってる時に接続切れたり書き込みファンクションが間違ってるだの、なんか色々不具合というかひたすら不安定。上記はなんとか測り切れたを乗っけてみました的な。HDDの刺すところを2番目スロットにしてもあんまり変わらないのでこりゃぁI/F側かなぁと。μPD720202のドライバとファームを最新っぽいやつ(ファームは2020、ドライバは3.0.23.0)入れたり、省電力機能を切ったりしても変わんね!なんだこれ。

うんまぁ、強いて挙げればPCIeのx16スロットに刺してることかな…。いや多分これが大きな理由だろう。ただ、PCIeスロットはx16しか空いてないからここに刺すしかないんだよなぁ。とりあえずは、eSATAに戻します、ハイ。というか、eSATAマルチプライヤー対応のハコが安けりゃそれにしたいんだけどさ!

落ち着きすぎ

年明けたら落ち着くとか言ってたけど、2月飛ばしちゃうほど落ち着いてしまいましたよ。コニチワ、おおただーよー。

どうにもこうにも、年明けてから自分のツキが極端に悪くなった気がして仕方ないんです。まぁその、ツイてないこと。
仕事でミスした。しかも2回で2回とも同じミス。あと、スピード違反で捕まった。しかも16kmオーバー。なにそのショボイ違反!そして今、超絶に腰が痛い。起き上がれなくなる程ではないものの、行動にかなりの制限がつきまとう。原因不明。他、細々としたところでトコトンついてない。晴れるという天気予報を信じて車洗ったら、雨が降る…ならまだしも雪が降ってきたりとか。で、寒さに気付かず厚着しないで汗だくで車洗ってたのが原因で風邪引いてしかもまだ微妙に引きずっている。オペミスで今季アニメ、というか俺修羅の録画データをまるっと消しちゃったとか。あと、仕事がやたら忙しいとか。隣の部屋のギシアン音が聞こえてくるとか。色々ありすぎてこのあとになにかウルトラハッピーなことがないと俺暴れる。俺一人だけの暴動起きるわマジで。

まぁ、そんな感じ。なんかイイ事あったらいいな!

Home > Archives > 2013-03

アーカイブ
Freearea

Return to page top